アクセスカウンタ

<<  2010年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


百度増益

2010/02/10 22:19




中国の検閲

人権問題と同様に問題ですね

Googleが問題にしてる検閲や

他国への、ハッキングなど、中国はおきな問題を、民族問題以上に抱えているようです。


キーワードの使い方


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


ホンダ エアバッグ リコール

2010/02/10 16:24




なにか日本車だけが、リコールをやってるようですが・・そんなことはないですが

こうした一種のミスは

どのようにしておきるのでしょうか?

設計段階?

製作段階?

チェックミス?

手違い?

数万点の部品の集合たる車が、安心して乗れるためには、本当に大変な作業を繰り返し行ってるんだ・・

ってあらためて思いますね!


カタストロフ

感覚と知にどこかで、ふっと論理がすっ飛んでしまうことはないのでしょうか?

そこには、きっと「常識」が作用してるんですね・・・

「確信」と言い換えてもいいですね・・



さて「システム」に欠陥はないのでしょうか?

株式会社というシステムが暴走するとき、なりふりかまわず、利益追求に走るとか

金融資本の破綻がそうでしたね


【楽天証券】期間限定!最大15,200ポイントプレゼントの大キャンペーン♪






のどもと過ぎれば暑さを忘れる・・といいます




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


名誉殺人

2010/02/10 16:10





「家族の名誉を守る」として、家族に殺される


これイギリスだけの問題ではなく、

インド人移民が多い、イギリスでも大きなショックを与えているようですね

これは・・・教育により乗り越えることができるか?

カーストの問題も奥が深いし・・・


インドは、日本とも親しい関係のお国ですね・・・

カレーなんて日本食のようですもん



インド人もびっくり!おいしいカレーですよ〜


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


− タイトルなし −

2010/02/10 15:55





下着姿って、無防備ですね。

これだけ大勢のモデルさんがいると、どちらかが間違ってるんじゃないか・・・

じゃ〜お付き合いで、こっちも上着を脱ぎましょう・・・・とはならないですが・・・



日本でやったら、つかまるかな?

写真はぜひ

篠山紀信さんに頼みましょう!

バルチュスの写真集は良いです!!




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


− タイトルなし −

2010/02/10 15:09





無線関係ばかりでなく、

送電を含め、あらゆる電子部品が入り込んでるところ・・・自動車、電車・・・リニアももち論・・・・建物・・・

すべてが影響をう受ける、地球の機能が麻痺するかもしれない太陽からの影響・・・

さて対処することができるのでしょうか・・・

太陽の変化は太陽系を超えて、影響を与えるわけですね!


 IC-R9500だって使用不可になるんですよ・・・・・





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


− タイトルなし −

2010/02/10 14:58




これは便利ですね。

Google Buzz


人間は、そんなに情報のやり取りを好むものなのでしょうか?

ですね・・・・・


Twiterでは、登録者の8%がつぶやいてる・・そうですが

後は、情報収集・・・・・


心の隙間を埋めるものなのでしょう

かしこまった言葉では不可能な、

短い言葉では不可能な・・・

繰り返し・・つぶやくことで・・・やっと伝わる気持ちってありますね

通常、時間がかかりますね・・・

でもやはり

そこは仮想空間

思い込んだ人物像とは違った危険性も孕むわけですね。



食べる、飲む、笑う・・・が本来の機能を失う可能性


多元的情報交換には、感性を磨くことも同時に必要なわけですね


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タバコの危険

2010/02/10 14:48




壁のニコチンに危険性を感じることはなかったですが、

こうなると、タバコの煙が漂う居酒屋、パチンコは危険ということですね!



煙のでる電子タバコ(メンソール味) 22484
イーグルジャパン

ユーザレビュー:
試す価値有り。普段吸 ...
意外とよかった思って ...
ダイエットに役立つ  ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


世界一を目指す、現代のバベル

2010/02/10 14:44




巧みな構造計算と資材の現代的技術はバベルの塔を可能にするように見えますね・・・

でも・ワールドトレードセンターの例のように、

何らかの象徴を壊すことに意味を見出す見方も世界には存在するっていう現実。

「高さ」は文化文明の象徴なのでしょうが・・・

人間の文明は、長く続いたことがありません

戦争は忘れたころにやってくる・・・のかもしれません



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2010年2月のブログ記事  >> 

トップへ

そのままに 2010年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる